ニュースリリース

新型コロナウィルスに対する光触媒抗ウィルス効果の考え方について

光触媒による抗ウイルス効果 公式見解

最近、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、光触媒を利用した抗ウイルス技術が注目され、多数のお問合せを頂いております。
つきましては光触媒工業会の立場を以下のように呈示させて頂きます。

光触媒工業会において、「(光触媒の)抗ウイルス」とは「光触媒の表面においてウイルスの活性(感染能)を抑制する状態」を言います。

・光触媒の抗ウイルスの効果は、指標となるバクテリオファージQβ(NBRC 20012)への効果を評価したものであり、ウイルス全般への効果を期待できますが、全てのウイルスあるいは特定のウイルスに対する効果を保証するものではありません。

・病気の予防や治療効果を示すものではありません。

・光触媒の抗ウイルスの効果は光触媒の表面で発現するものであり、空間への 直接の効果を示すものではありません。

さらに詳しくお知りになりたい方には、下記のPDFによりウイルスの基本的な知識とともに、そのメカニズムをご紹介しております。

PDFアイコン光触媒を利用した抗ウイルス効果の紹介(pdf)


ページの先頭に戻る ↑

詳細カテゴリーナビゲーションリンク

ニュース